ネコちゃんのよくある病気

デリケートなネコちゃんたちのために、早期発見と日常のケアを大切に

歯の病気

  • ずっと口を開けている
  • 腐敗したような口臭がする
  • 歯が茶色い、歯茎が腫れている
  • 食べるとき噛みにくそうに見える
  • 歯が抜けた

耳の病気

  • 耳をかゆがっている
  • すぐ耳垢がたまる

尿の病気

  • 尿が出ない、または尿量が多い
  • 水をひんぱんに飲んでいる
  • 血尿が出ている

糖尿病

  • 食べているのに痩せてきた
  • 元気がなく、毛のつやがない

女の子の病気(乳腺腫瘍など)

  • お乳のまわりにしこりがある
    ※ネコちゃんの場合、乳腺腫瘍は約90%悪性のものになってしまいます。
    ※若い内に避妊出術をしていればほぼ100%防ぐことができます。

男の子の病気(尿路閉塞など)

  • トイレの回数が頻繁になったのに少量しか出ていない
  • トイレ以外の場所で粗相をするようになった
  • 血尿が出ている

免疫の病気(エイズ、白血病など)

  • ふらふらして元気がない、食欲がない
  • 発熱している
  • 貧血になっているように見える
    ※感染しているネコちゃんと食器を共有したり、喧嘩で感染することがありますが、感染しても発症しないネコちゃんもいます。

骨折・脱臼など

  • 動きがおかしい
  • 動くのを嫌がる
  • 足を曲げるとカクカク音がなる

猫パルボウイルス

  • 食欲がない
  • 発熱している
  • 嘔吐している
  • 下痢・血便が出ている

飼い主さまへのメッセージ

院長である私も、小さいときに猫を飼っていました。突然病気にかかっているとわかったときの気持ちや、また悲しい別れを経験してきました。その思い出が獣医になろうと思ったきっかけでもあったのですが、やはり自分自身の記憶をふりかえりながら、「こんなとき飼い主さんはどう感じておられるだろう」ということを常に意識しています。
できるだけ飼い主さまのお気持ちに寄り添い、わかりやすいご説明を心がけつつ、同じ目線で治療ができればと願っています。

ご予約・ご相談はお気軽に

ペットのことでお悩みでしたら、大津市にある瀬田アニマルクリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop